トピックス

平成30年度 第1回芸術科学会東北支部研究会開催案内 (2018/7/22)

平成30年度 第1回芸術科学会東北支部研究会の開催案内です.

なお,研究会終了後,18:00から交流会(懇親会)を開催します.
参加ご希望の方は文末の案内をご覧下さい.

================================================
平成30年度 第1回芸術科学会東北支部研究会

◆日時: 2018年7月28日(土)13:00~16:50

◆会場: 日本大学工学部キャンパス内(工学部正門横)
     郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター
     (福島県郡山市)

【福島交通】
郡山駅前3番ポールより,昭和町・日本大学経由徳定行き
「日本大学」下車(約20分)
 http://www.fukushima-koutu.co.jp/
(運行本数が少ないのでご注意下さい)

【タクシー】
郡山駅前より,日本大学工学部まで(¥2,000程度)

【日本大学工学部】
 http://www.ce.nihon-u.ac.jp/
【工学部アクセス】
 http://www.ce.nihon-u.ac.jp/access/
【郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター】
 https://www.techno-media.net6.or.jp/incubation/

【学生食堂営業時間】11:30~13:30


◆プログラム:

1.報告セッション 13:00-14:40 座長 田中宏卓(日本大学)

(1) 13:00-13:20
  ジェスチャー認識における手検出手法の性能評価に関する一検討
  〇小出淳平,和泉勇治,田中宏卓,加瀬澤正(日本大学工学部)

(2) 13:20-13:40
  DNNによる画像からのノイズ除去性能に関する一検討
  〇小熊 祥, 和泉勇治,田中宏卓,加瀬澤正(日本大学工学部)

(3) 13:40-14:00
  スパース表現分類法を用いた顔認識におけるノイズ項選択方式
  〇長谷部駿,和泉勇治,田中宏卓,加瀬澤正(日本大学工学部)

(4) 14:00-14:20
  CNNの認識対象画像変化に対する認識特性
  〇佐々木駿斗,和泉勇治,田中宏卓,加瀬澤正(日本大学工学部)

(5) 14:20-14:40
  歩行動作の安全確保のための障害物検出に関する調査
  〇遠藤良峻,Naranchimeg Bold,明石卓也 (岩手大学)

(休憩10分)

2.報告セッション 14:50-15:50 座長 和泉勇治(日本大学)

(6) 14:50-15:10
  ビデオマッティングによる煙の抽出と合成
  〇福田晟大,田中宏卓,和泉勇治,加瀬澤正(日本大学工学部)

(7) 15:10-15:30
  写真計測とレーザー計測に基づくスケールを考慮した点群合成手法の検討
  〇古川 勝(岩手大学),Enkhbayar Altantsetseg(モンゴル国立大学),今野 晃市(岩手大学)

(8) 15:30-15:50
  仮想展示のための振動センサーを用いたタッチ検出と実環境とのリンクに関する基礎研究
  〇吉川和杜(岩手大学),佐々木誠(美和ロック),今野晃市(岩手大学)

3.講演セッション 15:50-16:50 座長 和泉勇治(日本大学)

(9) 15:50-16:10
  [30-01-01]プレーンスイープ法を用いた部分遮蔽された凹凸のある物体の実時間抽出手法
  〇徐迅,藤本忠博(岩手大学)

(10) 16:10-16:30
  [30-01-02]Design of Chinese Traditional Furniture in Contemporary Life
  〇Chen Bin,Takamitsu Tanaka(Iwate University)

(11) 16:30-16:50
  [30-01-03]幾何学的な造形を組み合わせた木工玩具に関するデザイン研究
  〇李欣蔚,田中隆充(岩手大学)

◆交流会 18:00-(郡山駅近くの居酒屋を予定)

----------------------------------------------------
◆問い合わせ先: 問い合わせは電子メールでお願いします.
 氏名: 加瀬澤正
 所属: 日本大学
 E-mail: kasezawa(AT)cs.ce.nihon-u.ac.jp
 (AT)→@

◆研究会終了後に懇親会を予定しています.
 会費は3,500円程度を予定しています.
 参加をご希望の方は,問い合わせ先に,7月24日(火)までにお知らせ下さい.

 --------------------------------
 懇親会への参加を希望します.
 参加者氏名: <氏名>,(一般/学生)
    ...
 --------------------------------