NICOGRAPH 2017

主な論文分野

委員

開催日時・場所

論文・作品募集


論文募集(Journal track)


論文募集(Conference track)


作品募集(Exhibition track)


投稿

重要な日程

  • Journal track
    7月4日 7月15日   投稿期限
    8月16日 8月20日   論文採否通知(この時点で不採録となった論文は Conference track への査読が適用されます)
    9月16日   再提出投稿期限(条件付採録論文のみ)
    10月6日   再提出論文採否通知
    10月11日   カメラレディ原稿提出期限
  • Conference track(フルペーパー、ショートペーパー)
    8月4日   申し込み期限(タイトルとアブストラクト)
    8月11日   査読用 8 ページ(フルペーパー)または 4 ページ(ショートペーパー)原稿提出期限
    9月8日   論文採否通知
    10月6日   カメラレディ原稿提出期限
  • Conference track(ポスター発表)
    9月1日   ポスター査読用 2 ページ原稿提出期限
    9月8日   論文採否通知
    10月6日   カメラレディ原稿提出期限
  • Exhibition Track
    9月1日   申し込み期限(300字程度の展示紹介)
    9月22日   展示採否通知
    10月13日   展示紹介用原稿提出期限
  • 開催日
    11月10, 11, 12日

プログラム

特別講演

藪 敏裕 氏 (岩手大学教育学部 教授、 岩手大学平泉文化教育センター センター長)
東アジア庭園史における平泉庭園遺構群の意義
 
  • 平泉の庭園遺構群は、奥州藤原氏滅亡後の鎌倉・京都を中心とする文化的政治的中心から隔絶・忘却された結果、12世紀の状態が真空パックされた状態として残り、世界史的に見ても当時の仏国土(浄土)の理想郷を今日に伝える唯一の事例と評価されている。そのため、平泉を調査研究することは、いくつかの例外を除き未発掘のままである中国の漢代から唐代の庭園の実態解明、また変容してしまった京都等の平安期の庭園の実態解明など、東アジアにおける庭園遺構の空間構成を学術的に解明する上で独創的な観点を提供しうる絶好の素材である。今回は、この平泉の庭園遺構を中心に、中国等における苑池庭園と日本の古代庭園の変遷を比較・検討しつつ、平泉庭園遺構群の東アジアにおける意義について考える。

中嶋 正之 氏 (ウプサラ大学教養学部ゲームデザイン学科 教授 )
最先端映像の祭典、2017年アスタナ万博報告
 
  • 2017年6月10日から9月10日までの3ケ月間にわたってカザフスタン共和国(以下カザフスタンと略す)の新首都であるアスタナ市において「Future Energy:未来のエネルギー」をテーマとしてアスタナ博 :EXPO2017 ASTANAが開催されている。しかし中央アジアのカザフスタンという日本では余り馴染みのない国での開催のためか、日本ではあまり話題になっていない。ご存知のように、近年の万博においては、実物の展示物を中心としたパビリオンは人気がないが、大型映像、数10画面にも及ぶ超マルチ映像(サークルビジョン等)、3D立体映像、3D+マルチメディア、VR/MR,シミュレーションライド等は、本万博でも人気のイベントとなっていた。また、本万博では、地球規模の持続可能なエネルギーの開発を可能にし、未来の世代に平和と繁栄をもたらす[未来のエネルギー]の新たなモデルを創造することを目的として、各パビリオンは具体的な未来エネルギーへの対応についての展示を主に映像を用いて説得力ある展示を行っていた。本講演では、実際に全てのパビリオンをチェックし、多くの映像を撮影してきたので、それらを上映しながら、各パビリオンで行われていた興味ある映像展示を具体的に紹介する。

更新履歴

    2017年1月19日   NICOGRAPH 2017 サイト公開